関連図とは何か?実習対策



こんにちは、ユウです。

領域別看護実習において、関連図は必須のものとなっています。
しかし、学生にとって、関連図は苦手意識の高いもの。

そこで、本日から全3回に渡って、
関連図とは何か?から病態&全体関連図の書き方までマスターしていただきます。

第1回 関連図とは何か? 第2回 病態関連図の書き方 第3回 全体関連図の書き方

では、第1回の今日は「関連図とは何か?」についてお話します。


 関連図

1.関連図とは

看護でいう関連図とは、

患者さんの情報について、関連を示した図のことです。

患者さんと関わると、色んな情報が得られますよね。

例えば、

名前、年齢、疾患、既往歴、症状、治療内容、使用薬剤、副作用、検査データなど・・・(A)

家族背景、入院前の生活習慣、生活環境、入院による変化、宗教など・・・(B)

これらの情報を整理して、その関連を見るために図に表したものを関連図といいます。

関連図には、病態関連図全体関連図の2種類があります。

おおまかに、上で示したAについて(主に患者の疾患について)の関連を示した図を「病態関連図」

AにB(患者の生活習慣や社会背景、家族のことなど、疾患以外のあらゆること)を加えたもの「全体関連図」というイメージを持ってもらうと分かりやすいです。

2.病態関連図とは

病態関連図の具体例はこんな感じです

こちらは、白血病の病態関連図です。

※全体関連図との比較のため、敢えてレイアウトのバランスを崩しています。

byoutai
(画像をクリックすると拡大されます)

 

3.全体関連図とは

こちらが全体関連図の具体例です。

さきほどの病態関連図に水色の範囲の情報を加えると、このような全体関連図になります。

zentai
(画像をクリックすると拡大されます)

 

 ユウのアドバイス

病態関連図は、疾患についての関連を示したものなので、どの患者さんにおいても大まかな内容は同じです。だから、実習初日でも担当患者さんの疾患さえわかってしまえば、病態関連図は書けちゃいますよ!(*^ω^*)
次回は、病態関連図の書き方についてお話しますね。

次⇒ 病態関連図の書き方

 




今回の記事が良かったと思われたら、
↓土下座画像をクリックしてブログランキングへの協力をお願いします!
poti3  
↓いいね!やツイッターでのシェアもよろしくね!。+.。ヽ(*>∀<*)ノ。.+。↓

コメントを残す