体温の測定方法と基準値とは



今回は、バイタルサイン4本柱のうちの1つ

”体温”についてお話しします。(`・ω・)ノ☆

一言に体温といっても、身体の様々な部分で測ります。

一番ポピュラーなものは腋窩(脇の下)ですね。

しかし、他にはどこで測るかご存知ですか?


 体温測定

1.体温とは

本当の意味での体温は、
身体の深部(頭腔、胸腹腔など)の温度のことを言います。

これを核心温度(深部体温)といいます。

しかし、バイタルサインの測定で行う体温は、

特別な場合を除いて、深部体温を測るのは難しいので

深部体温に近い部分(腋窩、口腔、直腸、耳)で測ります。

病院では、衛生面を考えて基本的には、腋窩で測定します。

ちなみに、体温は英語では Body Temperature, ドイツ語ではkorpertemperatur というので

これを略して、

体温= BTやKT 

と表したりもします。

2.基準値

体温の基準値:36.0~37.0℃

(新生児の場合:37.0~37.2℃または37.4℃以下)

3.体温の測り方

測定に使用する体温計は、デジタル体温計です。

水銀体温計は、割れる危険があるので今はほとんど使われません。

 

【測定方法】

①体温計を使う前後は、アルコール綿で拭く

②腋窩の汗をふきとる

※汗を掻いていると体温が低く出ることがあります。

③腋窩部に斜め45度ではさむ

※高齢で、痩せている患者さんには、垂直にはさんでしっかり密閉状態を作る

4.すごい体温計

体温計にもいろいろな種類があります。

 

体温計を選ぶ際のポイントは、次の3つです。

1.素早く測れる

2.身体への負担が少ない

3.正確

これらすべてを満たすほど値段も高くなります。

これらすべてを満たす究極の最新型体温計はかなりすごいです!(`・ω・´)

 

特徴

1.一秒で測れる!

2.身体に触れずに触れる

3.深部体温に近い

⇒ 詳細はこちら

値段もびっくりしますが、機能もハンパないですね!(*>ω<*)

病棟にこれがあれば検温もめっちゃ捗るのになぁ(・ε・)なんて思っています。

 

 ユウのアドバイス

体温は一番身近なバイタルサインですね。

熱が出たらすぐにアセスメントと報告。

冷やすのか、そのまま様子を見て

熱が上がり切るのを待つのかしっかり判断しましょう!



患者さんの体温には敏感になるけど、

自分の熱に対しては結構適当だったりするんですよね。(^ω^)ロキソニン飲めばいいや笑




今回の記事が良かったと思われたら、
↓土下座画像をクリックしてブログランキングへの協力をお願いします!
poti3  
↓いいね!やツイッターでのシェアもよろしくね!。+.。ヽ(*>∀<*)ノ。.+。↓

コメントを残す