術後合併症 ~術後イレウス(腸管麻痺)~

術後イレウスとは、術後に胃や小腸、大腸の運動が抑制され、腸管の運動が弱くなったりほとんど無くなってしまったりした状態のことです。

開腹手術で消化器官に侵襲をきたす術式でなければ、ほとんど問題にはなりません。

「術後合併症 ~術後イレウス(腸管麻痺)~」の続きを読む…