看護師として働いていて本当に良かったと思ったこと

ユウのもとには毎日、ブログの読者さんからいろんなメッセージや質問が届きます。

「実習って大変なんですか?」とか「褥瘡って?」という基本的な質問から、
「来週までに提出なんです。助けてください!」という急ぎのお願いから、
「あ」とかキモいスタンプ連打といういたずらまでいろいろありますが、どれも反応をもらえていると考えると、すごくうれしくなります。

その中でも、これはいいな!と思った質問やメッセージをシェアしますね。
今日のテーマは、「看護師として働いていて本当に良かったと思ったこと」です。

「看護師として働いていて本当に良かったと思ったこと」の続きを読む…

看護学生だから患者さんにできること ~学生の強み~

看護学生として患者さんと向き合う時、
何もできない私が側にいたら迷惑になるんじゃ・・・
患者さんに申し訳ないなぁ・・・と感じることはないですか?

安心してください!  履いてまs 
今回は、看護学生が持っている強みについて考えてみました。

 

「看護学生だから患者さんにできること ~学生の強み~」の続きを読む…

新人看護師の不安と辞めたいと思う気持ち

看護師として働いている人、看護師学生としてこれから働く人の中で、
私は、本当に看護師として働いていけるだろうか」と不安を持っている人もいると思います。
この私もそんな中の一人でした。
看護師として働く前も不安だらけでした。何度も辞めたいと思ったこともあります。
そんな私がもうすぐ看護師になって5年になります。
今回は、今までどうして働くことができてきたのかお話します。

「新人看護師の不安と辞めたいと思う気持ち」の続きを読む…

看護師が上司に感じる怒りや嫌悪について

看護師として働いていると、
腹が立ったり、いやな気持ちになることがあります。
白衣の天使とはいえ、私も人間なので、おかしいと思ったり嫌だと感じたりすることがあるのです。
しかし、後から考えた時、あの時は感情的になりすぎていたなぁ。間違っていたかなぁと反省することも多くあります。
今回は、白衣の天使になりはじめた新人看護師が怒られたときに感じることについて、ご紹介します。

「看護師が上司に感じる怒りや嫌悪について」の続きを読む…

肺炎の看護と看護計画

日本人の死因は1位:悪性新生物、2位:心疾患、3位:肺炎、4位:脳血管疾患となっています。
とくに、3位の肺炎は他の疾患と合併して、入院中に何度も起こることがあります。
「なぜ肺炎は合併率が高いのでしょうか。今回はその原因と看護について紹介します。」

「肺炎の看護と看護計画」の続きを読む…

看護師として一生忘れることがないくらい感動したこと

看護師として働いていると、
このことは一生忘れることがないだろうと思うくらい、感動をすることがあります。
ブログの読者さんからそんな、感動をした内容のお便りをいただきました。
そのことについて、ご紹介します。

「看護師として一生忘れることがないくらい感動したこと」の続きを読む…

一般

胃管を挿入する目的と観察ポイント

鼻から胃へとつながるチューブを見たことがありますか?

これは、胃管やNGチューブ、マーゲンなどと呼ばれています。

ここでは、「胃管」としましょう。この胃管って何の目的があるのか知っていますか?

今日は、胃管を挿入する目的と観察ポイントについて学んでいきましょう。

「胃管を挿入する目的と観察ポイント」の続きを読む…

麻薬の副作用と看護

医療用麻薬というと、なんだか怖いものとか悪いものというイメージを抱くかもしれませんが、

医療用麻薬は正しく使えば、とても効果的な医薬品です。

一方で取り扱いを間違えると、

副作用が重大かつ容易に死に至ることもある危険な薬でもあるので、

管理や取り扱い方は法律で厳しく決められています。

ここでは、医療用麻薬の副作用とその取り扱い方、看護のポイントについて説明していきます。

「麻薬の副作用と看護」の続きを読む…

終末期における身体の症状と変化

看護師として働くと、

終末期(ここでは、死期までおよそ数日~数週間とします)の患者様を受け持つことがあります。

終末期とは、ターミナル(直訳すると、”終点”)とも言われます。

つまり、今にも次の世界へ羽ばたこうとされている患者様と言う意味です。

その終末期には、おおよそ一定の身体の変化があります。

今日は、終末期の患者様に起こる身体の変化についてまとめました。

「終末期における身体の症状と変化」の続きを読む…