看護問題とは



看護問題って当たり前のように言うけど、

看護問題っていったいなに?

今日は、基本中の基本「看護問題とは何か」もう一度確認していきましょう。


 看護問題

1.看護問題とは

看護問題とは、

「疾患がらみの症状・検査・治療などが患者さんの生活に影響して

なおかつ

必要な援助をすることで、生活を整える事ができるもの」です。

2.看護問題の種類

①実在型

困ったり、苦しんだり、不安だったり、間違っていること

 

②リスク型

今は起きていないが、今後起こりうる可能性があること

 

③快適状態型(ウェルネス型)

出来ることをさらに引き出したり、したいことを出来るようにしたり、

より好ましい状態にに近づけるというもの

 

目に見える実在型はよくあげられるけれど、

快適状態型(ウェルネス型)ってわりと視点がいきにくいですが大事なんですよ!

 

実習で、「もっと他になにか看護問題考えられない?」って指導されたら

ウェルネスの看護問題も考えてみましょうね。

 ユウのアドバイス

ユウがよく使うウェルネス型の看護問題としては

「自己健康管理促進準備状態」とか、「内服自己管理:1日管理」とか

そういうのが多いですね。

これらは比較的使いやすい問題なので、参考にしてみてくださいね!゚+.゚(*´∀`)b゚+.゚




今回の記事が良かったと思われたら、
↓土下座画像をクリックしてブログランキングへの協力をお願いします!
poti3  
↓いいね!やツイッターでのシェアもよろしくね!。+.。ヽ(*>∀<*)ノ。.+。↓

コメントを残す