BLS(一時救命処置)の方法4 ~心肺蘇生のABCD~



今日は、

BLSについて第4回目です。

今回は、心肺蘇生のABCDについて


 AED(Automated External Defibrillater)とは

1.はじめに

いよいよ、このシリーズも終板です!

 

救急車 心肺蘇生のABC+D

(A:Airway)気道確保

(B:Breathing)人工呼吸

(C:Circulation)胸骨圧迫・心臓マッサージ

(D:Defibrillation)除細動 ←Dはガイドラインによって違うよ

 

では、声に出して言って指さし確認してみよう!

実際に体を動かしてイメージしておくことで

いざという時にも対応できるはずです!

 

この順序は大事だし、この順序にそって

すすめていきましょうね!

abcd

2.ABCDここだけポイント!

CPRのマニュアルはありますが、

実際にこれだけはしたほうがいいことを紹介したいと思います。

(マニュアル通りできるにこしたことはありませんが、

それにとらわれて動けないよりはいいかなと思います)

 

1.とにかく大声で叫んで人を呼び、119番通報

2.とにかく心臓マッサージ!!!1分間に100回以上

3.声をかけながら、救急車が到着するまでそばから離れないように!

 

 ユウのアドバイス

緊急時、たとえ医療人だとしても、どうしても慌ててしまうのが性。

常日頃から緊急時の対処法をしっかり勉強しておきましょうね!(*>ω<*)

次⇒ BLS(一時救命処置)の方法5
~ACLS(Advanced Cardiovascular Life Support)二次救命処置~




今回の記事が良かったと思われたら、
↓土下座画像をクリックしてブログランキングへの協力をお願いします!
poti3  
↓いいね!やツイッターでのシェアもよろしくね!。+.。ヽ(*>∀<*)ノ。.+。↓

コメントを残す