BLS(一時救命処置)の方法3 ~AED~



今日は、

BLSについて第3回目です。

今回は、AEDについて


 AED(Automated External Defibrillater)とは

1.はじめに

AEDは、突然の心停止を起こして倒れた人を、

その場にいる人たちが倒れた人の命を救うことができる器械です。

 

心室細動(Vf)という致死的な不整脈心電図 による突然の心停止を起こしたら、

救急車や病院に搬送されてから治療しても間に合わないことが多く、

これまでたくさんの人の命が救われずにきました。

 

しかし、このAEDという一般の人でも

簡単に使える治療機器がそこにあれば、命を救うことが可能なのです。

 

aed

2.AEDの使い方

AEDが入手できた場合

AEDで解析し、指示されればショックを行います。

CPRを2分行い、

AEDで解析(指示されればショック)を繰り返す。

 

なんと、AEDは子どもにも大丈夫です!!(子供用の当てるものが入っています)

さらに、妊婦さんにも使用できます

 

今は、AEDがアナウンスしてくれるのでアナウンス通りに行えば

誰でも簡単に使えますから安心してくださいね!

 ユウのアドバイス

AEDは、今は駅や学校、街中にもだいぶ普及してきました。

いざとなったときは、一分一秒を争いますからね。

ためらわず、冷静に対処しましょう!

 

次⇒ BLS(一時救命処置)の方法4 ~心肺蘇生のABCD~(執筆中)




今回の記事が良かったと思われたら、
↓土下座画像をクリックしてブログランキングへの協力をお願いします!
poti3  
↓いいね!やツイッターでのシェアもよろしくね!。+.。ヽ(*>∀<*)ノ。.+。↓

コメントを残す