貼付薬の貼ってはいけない部位 意外な理由www



貼り薬(貼付薬)ってありますよね。

いわゆる湿布とか、パッチとか。

先日、薬剤師さんから聞いた

目からウロコのお話を今日はシェアしますね。(*>ω<*)

貼付薬の中には、意外な理由で貼ってはいけない部位が

決められているものがありました。

なにそれマジで!?衝撃の理由はこちらwww


 貼付薬

1.貼付薬とは

薬物をシールなどに混合させたもので、皮膚に貼ることで

薬物を皮膚から吸収させて効果を得る薬剤のことです。

 

例として、心臓の冠動脈を拡張させるものや、

禁煙用ニコチン薬(ニコチンパッチ)などが市販されています。

他にも、喘息治療薬として、有名なものに

ホクナリンテープ(β2交感神経刺激薬のツロブテロール貼付薬)などがあります。

2.特徴

皮下吸収のため、ゆっくりじわじわと効果を発揮します。

有効濃度が長時間維持(12~24時間)されるのが特徴です。

しかし、貼る部位や大きさによっては剥がれやすくなったり

貼った部位に発赤がみられることがあるので注意が必要です。

特に目の周りや口の周りなど粘膜に近い部分は、

薬の影響を受けやすいので貼るときには注意しましょう。

 

haru

3.貼付部位

貼付薬には、添付文書に貼っても良い部位とそうでない部位が書かれています。

適切な部位に貼付しなければ、しっかりと効果が発現しない可能性があるからです。

 

というのは、分かるのですが

先日、病棟の薬剤師さんから面白い話を聞きました。

うちの病棟で使っている「ニュープロパッチ」という

パーキンソン病治療薬の貼付剤なのですが、

この貼付薬は胸部背部には貼ってはいけないのです。

一般的な貼付薬の場合、胸部や背部に貼ることが多いのに

これだけはなんでダメなんだろうと思い、

薬剤師さんに聞いてみました。

 

すると、なんとも意外な理由が返ってきましたw

4.意外な理由

その理由は、

 

「はがす時に胸毛や背中の毛がくっついて痛いから」

 

えーーーっ!!(゚д゚;)

 

なにその理由www

マジで爆笑でしたw

詳しく聞くと、薬の試験が欧米で行われたそうで

欧米の方は体毛が濃く、それらの部位での治験データがないそうなんです。

 

だから、薬剤師さんいわく

「たぶん、胸部や背部でも効果があると思うし、いいと思うんですけど、

臨床データがないのでやめてくださいってことです^^」

とのこと。

 

そんなしょうもない理由だったんですねー。笑

 ユウのアドバイス

薬の用法・容量って、案外雑な理由から決まっているものもあるんですね。

遊び心があって、ユウは個人的にはそういうのも好きです。

でも、ちゃんと薬を使う時は、ちゃんと使用方法を守りましょうね!。+.。ヽ(*>∀<*)ノ。.+。




今回の記事が良かったと思われたら、
↓土下座画像をクリックしてブログランキングへの協力をお願いします!
poti3  
↓いいね!やツイッターでのシェアもよろしくね!。+.。ヽ(*>∀<*)ノ。.+。↓

コメントを残す