水分出納管理のポイントまとめ



生きるのに切っても切り離せないもの。

それは、「水」です。

人間の70%は水分だと言われています。

水分の出入りは身体の異常を発見するための必須観察項目です。

ここで水分出納の目的や観察項目をしっかり確認しましょう!


 水分出納(すいぶんすいとう)

1.目的

  • 患者さんの水分のINとOUTを正しく観察することで、均等が保たれているかを把握する
  • 1回の観察ではなく、経時的な変化を把握することで異変に気付くことができる

2.方法

INの観察

  • 指示通りの輸液量が維持されているか
  • 食事内容と食事量は適切か、飲水量は適切か

OUTの観察

  • 尿量の把握、便回数と性状の把握
  • ドレーン類からの排液量、ガーゼからの滲出液の性状や量

3.観察項目

水分出納における平均IN,OUT量を確認しておきましょう!

suitou
(引用元:とらねこ日誌

INの観察

  • 輸液量、食事内容と食事量、飲水量
  • IN量は、輸液量や飲水量だけでなく、食事に含まれる水分もあります

OUTの観察

  • 尿量、便回数と性状、術後のドレーンからの排液、ガーゼへの滲出液
  • OUT量は、汗や不感蒸散もありますので注意してください

4.アセスメント

  • 指示通りの輸液量が維持されていない場合、点滴ラインの閉塞や屈曲が無いかを確認する
  • 食事などからの水分量が維持できていない場合、食事内容の変更や輸液量の調整などが必要になる
  • ドレーンからの廃液やガーゼへの滲出が多い場合、リーダーや医師へ報告する
  • INに対してOUTが少ない場合、腹部膨満感、浮腫の有無や、膀胱留置ドレーンの閉塞・屈曲も観察する

5.注意点

  • 例えば発熱・頻脈・口渇・めまい・倦怠感・脱力感などがあれば脱水を疑う
  • 浮腫がみられる場合、その水分はOUTとしてカウントする
  • 心不全がある場合は、呼吸困難や喘鳴、肺ラ音などが確認できる
  • 息苦しい・起坐呼吸などがある場合は、水分貯留を考える

 

 ユウのアドバイス

水分量の観察は、日々の看護業務の中で

意外と見落とされがちな観察項目です。

学生ならではの細かな気づきをぜひ実習でナースに教えてくださいね!(`・ω・)ノ




今回の記事が良かったと思われたら、
↓土下座画像をクリックしてブログランキングへの協力をお願いします!
poti3  
↓いいね!やツイッターでのシェアもよろしくね!。+.。ヽ(*>∀<*)ノ。.+。↓

2件のコメント

  • ありがとうございます 小児領域 MCLS勉強中 52歳 来春国試受験予定

    • ユウ

      コメントありがとうございます。
      いつまでも志高くお勉強なさっているようで素晴らしいですね!!
      応援しています!頑張ってください!

コメントを残す