バイタルサインとは



バイタルサイン(生命徴候)は学校でも

一番最初に習う看護手技の1つですよね。

実習でも必ず測定します。

今回は、バイタルサインとは何かについてお話します。


 バイタルサインとは

1.3つの柱

看護学校に入学すると

1年生のころは主に3つの基本的な看護について勉強しますね。

1つ目は、コミュニケーション方法について

2つ目は、清潔援助について

そして、3つ目は基礎看護技術

この3本柱ですね。

今日から数回にわたり、

この中でも基礎看護技術の授業で学ぶ

「バイタルサイン」についてお話ししていきます。

超基本的なところなので、知らない人はしっかり覚えて、

また、すでに知っている人は復習を兼ねて再度確認しておきましょうね!

2.バイタルサインとは

看護学生なら当たり前のように使っている言葉ですが、

そもそも「バイタルサイン」とは何なのでしょう?

直訳すると

 

バイタルサイン=生命兆候

つまり、生きている証を示すものです。

 

人間は生きていれば、心臓が動くし、息もするし、

血液も流れるし、それによって身体が温まるし、、、

そういう身体の活動と変化があります。

ゆえに一般的な基準となる値も存在します。

 

人間の全身状態を把握するために

その基準値から逸脱していないかを診ることで

身体の異常の有無を知ることができます。

3.バイタルサインの種類

バイタルサインといえば、基本はこの4つです。

1.体温
2.脈拍
3.血圧
4.呼吸数

それに加えて、

5.SpO2

6.意識レベル

も病棟では重視されます。

 

といっても、この中でも呼吸数に関しては

自分で容易く変えることができるので

特別な場合でない限り、あまり参考にしません。(´・ω・`)

4.おすすめ書籍

バイタルサインがよく分かる本でおすすめはこちら

⇒ 詳細はこちら

レビュー:★★★★☆

飲み込みやすく整理された情報は、さながらピントのあったレンズのように、
患者さんの状態、病態をしっかり「見える」ように手助けをしてくれます。

バイタルサインについてすごく分かりやすく解説されており、断片的な知識がバチバチとくっついていきました。そして、目から鱗が落ちるように疾患の理解が深まりました。

愛らしいキャラクターとわかりやすい、すっと頭に入る文章で、解説されていてすごく読みやすかったです。

 ユウのアドバイス

4月から新しく看護学校に入学したり、

新学年になったりと、気持ちも新たに再スタートですね!

まずは、超基本的なバイタルサインについて

しっかりと頭に入れておきましょうね!!゚+.゚(*´∀`)b゚+.゚

次回から、具体的な内容についてお話します。

 

次 ⇒ 体温の測定方法と基準値とは



今回の記事が良かったと思われたら、
↓土下座画像をクリックしてブログランキングへの協力をお願いします!
poti3  
↓いいね!やツイッターでのシェアもよろしくね!。+.。ヽ(*>∀<*)ノ。.+。↓

コメントを残す