看護学生あるある:教科書通りで怒られたwww



教科書通りに書いたのに、違っていると怒られた。。

「なんで?どこが?」と悩んだことありませんか?

これって、

「看護学生あるある」なんです。

というのも・・・

 教科書通りで怒られた

1.教科書は正しく使いましょう

ユウが学生の頃、よくあったお話です。

教科書通りに書いたのに、先生に怒られました。

どいういうことかというと

 

患者さんは、心不全の方。

教科書に心不全の項目があったので、そこを熟読。

教科書をよく読んで、記録に書いたのも心不全についてです。

なのに、

先生からは、

「これは違っていますよ。もっと疾患について勉強しましょう」

と言われました。

 

教科書に書いてあることやし!何が違うんや。

それなら、教科書が間違ってるんちゃうか!?ヽ(`Д´#)ノ

と、一瞬、怒りにも匹敵する感情を抱きました。

 

しかし、よくよく先生の話を聞いてみると

間違っていたのは、教科書でも先生でもなく

やっぱり、「私」だったのです。

2.教科書は正しいけど・・・

一生懸命教科書通りに書いた記録でしたが、

私は患者さんにあてはまらないものまで、

書いてしまっていたのです。

 

教科書にある「看護」は、

その疾患について一般的に行われる看護が載っています。

こういう場合には、このケアをしましょう。

そういう場合には、そのケアをしましょう。

という感じです。

 

でも、実際のところ受け持ち患者さんが、

教科書に書かれているすべてのことに当てはまるとは限らない のです。

 

3.具体例

「肺うっ血によって、息苦しさが生じている場合は、

上体を起こした安楽な姿勢をさせましょう」

という教科書の内容は、

 

肺うっ血があって、肺うっ血によって、

息苦しさがある場合にあてはまる のであって、

心不全だから、そのケアが必要なわけではありません。

 

心不全であっても、右心不全と左心不全では大きく異なります。

肺うっ血が起こるのは、左心不全の場合

右心不全の場合は肺うっ血は起こりません。

⇒ 参考動画

(引用元:ミルメディカル

 

ここを確認できないまま、教科書を丸写ししてしまうと、

先生や指導者さんから

「患者さんの全体が見えていないですよ。患者さんの状態をわかっていないですね。」

と言われてしまうのです。

 

 ユウのアドバイス

教科書の内容を参考にする場合は

患者さんにあてはまるかどうかを、しっかりと吟味して

必要のないものは省いておくことが大切ですからね!!




今回の記事が良かったと思われたら、
↓土下座画像をクリックしてブログランキングへの協力をお願いします!
poti3  
↓いいね!やツイッターでのシェアもよろしくね!。+.。ヽ(*>∀<*)ノ。.+。↓

コメントを残す