個別性のある看護の具体例



前回の記事では

⇒ 個別性のある看護とは

ということを説明しましたね。

今回は、具体例を用いて説明しますね。

 病態生理

1.個別性のない看護計画

「個別性とは、つまり具体性である」

ということを前回はお話しました。

個別性のある看護計画が立案するためには

今ある情報をもとに、より具体的にすることが大事です。

 

でも、具体的というのは、どう書けばよいのでしょうか?

例えば、挙げられる頻度の高い看護問題として

「転倒リスク」

があります。

個別性のない一般的な看護計画を書くだけなら、

この本(基準看護計画)

⇒ 詳しくはこちら

に載っていることを写せばいいだけです。

でも、これだと具体性に欠けるんですよね。

2.個別性のある看護計画

そこで、

看護計画に個別性(具体性)を出すには

①リスクとなっているものが何か

をアセスメントすることで明らかにして、

②原因となるものをどうやって取り除くのか

ということを含めれば、完成です!

 

個別性デキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!

 

例えば、

転倒リスクについて

転倒が起こる原因は、患者さんによって異なります。

高齢者 なら、筋力低下や関節の可動性の低下、

夜間せん妄のある患者 なら、ベッドの柵外しや抑制外しなどの危険行動、

パーキンソン病 なら、すり足歩行や突進様歩行、足のもつれ、

脊髄小脳変性症 なら、平衡感覚の異常からくる体幹バランスの不安定さ

などなど

 

受け持ち患者さんの場合、

何が原因で転倒が起こるリスクがあるのかを確認して、

その原因を取り除くための患者さんに合った方法を検討する。

その2点を含めて看護計画に書けば良いのです!ヾ(ω` )/

 

 ユウのアドバイス

受け持ち患者さんの場合は、何が看護問題のリスクの原因なのか?

そして、そのリスクはどんな方法で取り除くのが良いのか?

これが個別性を出すポイントですからね!

 

次回は、学生多い「アセスメントができない」という悩みについて

ユウがアドバイスします。

「どんなアセスメントにも使える5つの黄金パターン」

についてお話しますね。

次⇒ アセスメント 5つの黄金パターン




今回の記事が良かったと思われたら、
↓土下座画像をクリックしてブログランキングへの協力をお願いします!
poti3  
↓いいね!やツイッターでのシェアもよろしくね!。+.。ヽ(*>∀<*)ノ。.+。↓

コメントを残す