個別性のある看護とは



「個別性のある看護計画を立てなさい!」

耳が痛くなるほど言われますよね。(+o+)

個別性は看護をする上で、常に考えていなければならないことです。

ここでは、個別性のある看護とは何か説明しますね。

 個別性のある看護とは

1.初めはさっぱりわからなかった

「個別性のある看護をしていくことが大切です」と授業で習ったことでしょう。

実習や紙面上の患者さんで、個別性を意識して看護計画を立てても

先生や指導者さんに見せたら、

「この計画じゃ個別性が足りないですね」

って言われたことないですか?

 

自分では、めっちゃ個別性を意識して看護計画を立てたつもりでも

そんな風に言われてしまうと、自信を無くしてしまいますね。(TωT)

ユウも初めは個別性と言われても何を書けばいいのか

さっぱりわからなかったので、看護計画は何度も指導されました。

 

でも、一方で個別性のある看護計画がバンバン立てられるような

抜群の看護センスを持った学生も中にはいるのです。

そういう子は、本当に尊敬しました。

私は、そんな子の看護計画を見せてもらったり、先生の指導のお陰で

ようやく「個別性」とは何か分かるようになりました。

ここでは、私が今まで学んだことも含めて

「個別性」について、できるだけ分かりやすく説明しますね。

2.個別性=具体性

そもそも、私が個別性のある看護計画を

立てることができなかった理由としては、

「個別性が出せない」のではなく、

 

「個別性を出さなきゃな。

・・・あれ?でも、個別性ってなんだろう。

それを看護計画に出すってどういうことだろう?」と、

個別性についてよく理解できていない状態だったからです。

 

理解できていないのに、自分で書けるわけがないですよね。

「個別性」と言うから、よく分からないんです。

じゃあ、どうすればいいのかというと

 

「個別性」=「具体性」と考えましょう!

 

これは、個別性を考えるための黄金の方程式です。

 

つまり、どういうことかというと

「この計画じゃ個別性が足りないですね」

というのは

「この計画じゃ具体性が足りないですね」

と言いかえると、分かりやすいですよね!(*^ω^*)

 

個別性が出せなくて悩んでいる人の多くは、

患者さんから収集した情報を自分で勝手に

「一般的な情報」「個別性に関係した情報」という

2種類に全く別の情報として分けてしまっています。

そして、

自分は「個別性に関係した情報を集めるのが苦手だなぁ」

と思ってしまっています。

でも、これは間違いですからね!

 

個別性に関係した情報は、

一般的な情報をより深く掘り下げた(より具体的にした)ものですよ。

要するに、

「一般的な情報」=「具体的にすると、個別性に関連する情報」となるのです。

 

「個別性が出ていないですよ」というのは、

言い換えると、

「方向性はあっていますから、もう少し具体的にするといいですよ」ということです。

 ユウのアドバイス

個別性を出すことに苦労している場合は、

今ある情報をもとに、

さらに具体的な情報を集めるような工夫をしてみてくださいね!!

 

次回は、個別性のある看護の具体例をお話ししていきますね。

次⇒ 執筆中




今回の記事が良かったと思われたら、
↓土下座画像をクリックしてブログランキングへの協力をお願いします!
poti3  
↓いいね!やツイッターでのシェアもよろしくね!。+.。ヽ(*>∀<*)ノ。.+。↓

コメントを残す