看護実習~事前学習の方法:その1~



看護の実習ごとに必要となるのが事前学習

実習期間だけでも精一杯なのに、

事前」学習ってことは、実習が始まる前にやらなきゃいけないなんて。

「でも、ぶっちゃけ事前学習なんてやらなくても何とかなるでしょ!」

ということで、事前学習をやらなかった私はこうなりました。。

 

 事前学習

事前学習の意味

事前学習の本当の恐ろしさが

分かってくるのは3年生になってから。

3年生になると、各クールの実習が金曜日で終了し、

翌週の月曜日から新しいクールが始まるのがスタンダードです。
つまり、新クールを控えている週末は、

『終了した科目の実習記録の仕上げ』+『翌週から始まる科目の事前学習』

上記の2つをこなすことになります。

脅かすようですが、この流れは

3年生の5月~実習終了の11月末頃までずっと続きます。。

これが本当に地獄のような半年間でした。

実習で満身創痍になりながら、やっとのことで迎えた週末。

なのに

記録の仕上げと、事前学習で気が休まらないわけですよ。

どれだけ学生を追いこむねん!って思いましたよ。(+o+)

 

事前学習というのは、基本的に

あらかじめ先生から説明を受けた内容を中心に行います。

先生から教えてもらえる情報は主に、

「(受け持ち患者さんの)年齢・性別・病名・大まかな治療内容」になります。

それらの情報をもとに、まずは病態生理と治療内容について勉強しておきます。

私は週末に学校で買った教科書や参考書を読んだり、

本屋さんや図書館に出向いて資料を漁ったりしていました。

そして、それらをノートにまとめたら実習初日に

事前学習した内容をもとに、カルテで肉付けして理解を深めていくという感じでした。

 

でも、これってやっぱりキツいんです。(>ω<) うわー

というのも、ある実習で私は

「もやもや病」の患者さんを受け持たせていただきました。

 

まず、もやもや病ってなにか知ってますか?

moyamoya

 

これは違います。

別名でウィリス動脈輪閉塞症ともいいます。

(ザックリ説明すると、脳の血管の一部が閉塞したから

途中から栄養を補うために根っこのように細い血管が生えてきて

それを造影CTで取ると煙のようにもやもやした画像が写る病気。)

 

こんな聞いたこともないような珍しい病気の患者さんだったので

色々な資料を探したのですが、

ほとんど情報がなかったことを思い出します。

そんな感じで、事前学習しようにもほとんどできなかったので

もういいやっ!と思って、そのまま実習期間に突入しました。ヽ(`Д´#)ノ

 

先生に怒られるかなぁと思ったのですが、意外にもセーフでした。(*^ω^*)

というのも、珍しい疾患なので

ほとんど資料がないことも理解してくれていたみたいです。

むしろ、中途半端だったけど私がやった事前学習を見て

「よくここまで書いてきましたね」と逆に褒められました。

 

ここまで読んでくれてありがとうございます。

怒られるオチを期待していたかもしれませんが、

私の場合は、特殊な疾患だったせいか大丈夫でした!!゚+.゚(*´∀`)b゚+.゚らっきぃ

まぁ、こんなこともありますが

事前学習はしっかりやっておくということは

実習をスムーズにこなすための第一歩になりますので

ちゃんと取り組んでいきましょうね。

 ユウのアドバイス

看護実習の事前学習には、

病態生理と治療方法の理解以外にも

ここまでやっておくと良いよ!というポイントがあります。

次回はそれをお伝えしますね!

看護実習~事前学習の方法:その2~ ⇒ 執筆中




今回の記事が良かったと思われたら、
↓土下座画像をクリックしてブログランキングへの協力をお願いします!
poti3  
↓いいね!やツイッターでのシェアもよろしくね!。+.。ヽ(*>∀<*)ノ。.+。↓

コメントを残す