看護師国家試験対策~在宅の基本的生活への援助~



在宅の問題は、年々重要性を増しています。

特に、口腔ケア“かいせん”は超重要ポイント!

ところで、「かいせん」ってなにか分かりますか?

電話回線?ミッドウェー海戦?違う違う。

その答えは・・・

 在宅の基本的生活への援助

1.口の中は結構汚い

  • 経管栄養の患者さんは口から食べないから、歯磨きはいらない!なんて思ってはいけませんよ。経管栄養の場合は、経口摂取をしないため唾液分泌が減り、口腔内の清掃が行われにくくなります。また、乾燥して傷つきやすくなるなどして炎症が起こりやすくなり、細菌が繁殖しやすくなります。
  • 口の中が乾燥すると、舌苔ができることがあります。そういう場合は、柔らかい歯ブラシで除去しましょう。

2.嚥下も筋肉

  • 食べ物を飲み込むためにも喉や舌の筋肉を使います。口から食べれない患者さんはその筋肉が衰えていきます。その結果、食べ物を飲み込みにくくなり、嚥下障害を生じるのです。嚥下障害がある場合、食事の前に口唇や舌、肩や首などを動かすなどの嚥下体操をしておくとムセにくくなり、嚥下しやすくなります。

2.在宅患者さんの排泄

  • 高齢になると、尿意を訴えられず失禁してしまう方も多いです。そういう方の排泄は、基本的にオムツ内失禁です。
  • 尿意は伝えられるが、腰が上がらない場合、差し込み便器やポータブルトイレは不向きであり、安楽尿器自動採尿器などが適しています。

3.疥癬(かいせん)ってなに?

  • 疥癬(かいせん)はヒゼンダニがというダニが皮膚に寄生し、感染します。感染経路としては、肌と肌との直接感染が主体です。
  • ヒゼンダニは16℃以下で動かなくなり、50℃以上のところに10分いただけで死滅します。乾燥にも弱いです。
  • 角化型疥癬が集団発生したら、その感染力は大きいので、全職員と全利用者の皮膚科検診を行う必要があります。
  • 疥癬治療のための軟膏は全身に塗ります。ダニはあちこちに逃げ回る習性があるからです。
  • 疥癬の患者にステロイドは禁忌です。余計悪化してしまう危険があります。
  • ちなみに病院で疥癬患者さんがみられると、個室隔離、ガウン、手袋装着、寝衣は落屑が飛び散らないように袋に入れて、ベッドシーツは頻回の交換をする、退室時には部屋を消毒するなど、万全の感染隔離体制をとるので、結構大変です^^;

 

 ユウから学生へアドバイス

国家試験で、結構問われるのが口腔ケアの問題。

「食べないから口腔ケアは必要ない」という誤選択枝は頻出です。

あと、疥癬(かいせん)も大事なポイントですよ!

在宅で生活している患者さんには身近な問題なので、しっかり覚えておきましょう!




今回の記事が良かったと思われたら、
↓土下座画像をクリックしてブログランキングへの協力をお願いします!
poti3  
↓いいね!やツイッターでのシェアもよろしくね!。+.。ヽ(*>∀<*)ノ。.+。↓

コメントを残す