実習あるある:患者の思いを尊重したら怒られた



今、私の病棟には学生が実習に来ています。

2年生で、みんな各論実習を頑張っているところです。

そんな学生をみていて、やっぱ学生って大変だなぁと思いました。

というのも、

今回は、先輩ナースがメインの指導者として学生の指導をしているのですが

ある学生さんのことを病棟で、ぼろカスに言っているのです。

 

「あの子、〇〇って書いてきたんだけど、そこじゃないでしょw」

「分からなかったから書けませんでした、ってあなた何しに来てるの?」

「この問題リストなに?患者さんは何を望んでいるの?ちゃんと聞いてる?」

 

とまぁ、こんな感じでフルボッコ ( つ`・ω・´)=つつババババ(´;ω;`)

そこまでガンガン言わなくても・・・と思っていたら、

学生も目に涙を浮かべて、「ぐすんっ;ω;」って。

そんな光景を目の当たりにしていたら、

私も学生のころを思い出しました。

 

私も学生の頃、学校の授業では、

「看護師はできるだけ患者さんのニードに応えられるようにしなきゃいけないんだよ」

って、教えられたので

「うんうん。そうだよね。患者さんのニードを聴いて、患者さんを満足させてあげないと」

ということを頭に入れて、実習に臨みました。

 

実習で、ある患者さんが、

「今日は身体がえらいなぁ。リハビリは行きたくないね。休みたいな。」

と言われたので、それを看護師さんに伝えて

「〇〇さん、今日は身体がえらいのでリハビリを休みたいそうです。いいですか?」と

『ちゃんと患者さんのニードを聴いて、希望に沿った援助ができてるぞ!(*>ω<*)』

と思いながら、指導者さんに聞いたんです。

そしたら、

 

「あなた何を考えてるの?患者さんはそういったかもしれないけど

えらいならちゃんとバイタル図った?あの人なんで入院してるか知ってる?

リハビリをするために入院してるのよ。ADLとかあの人のQOLとか考えてる?」

 

もう、すぐさまフルボッコ ( つ`・ω・´)=つつババババ(´;ω;`)

「患者さんの思いを尊重したのにぃー」と思ったのですが、

改めて考えると、やっぱ私の考えはとっても浅はかだったんですよね。

 

なんでもかんでも患者さんのニードに応えればいいってものではなくて

これは、いわば「患者さんのわがまま」なんですよ。

医療者として、患者さんにはちょっとキツイことを言うかもしれないですが

患者さんは入院しているからには、その目的を忘れてもらってはいけないです。

「何のために入院しているのか?」それを第一に考えるべきであって、

患者さんのわがままに付き合っている余裕はないのです。

 

というわけで、患者さんのニードは

「患者さんの思い」か、それとも「患者さんのわがまま」なのか

どっちなのか、しっかりを見極めて援助していくことを忘れないでくださいね。

 




今回の記事が良かったと思われたら、
↓土下座画像をクリックしてブログランキングへの協力をお願いします!
poti3  
↓いいね!やツイッターでのシェアもよろしくね!。+.。ヽ(*>∀<*)ノ。.+。↓

コメントを残す