7割のナースが「尿を破棄」していました



「尿を破棄しました!」

臨床の現場でよく使われる言葉ですが、なにか違和感を感じませんか?

7割のナースが違和感を感じていないのには問題が・・・

その理由は続きから!


 破棄と廃棄のちがい

1.破棄

現場でよく使われる言葉に、破棄があります。

「尿を破棄する」とか「シリンジを破棄する」、「書類を破棄する」と言われたりします。

でも、ちょっと待ってください!!

あるアンケート調査で次のようになりました。

Q.尿を捨てることを何と言いますか?

尿を破棄する:■■■■■■■ 7割

尿を廃棄する:
■■■ 3割

なんと、7割のナースが尿を破棄すると言っていますが、

3割のナースは、尿を廃棄すると言っています。

さて、ここで疑問になるのが「破棄」と「廃棄」の違い

いったいどう違うのでしょうか?

2.破棄と廃棄

破棄と廃棄の違い

どちらも捨てるという意味では共通ですが、その違いは

破棄(はき) :ビリビリにして、ぽーい

廃棄(はいき):そのまま、ぽーい

ということです。

破棄は「破り捨てる」という意味なので、原形をとどめない状態で捨てることです。

廃棄は、原形をとどめたまま捨てることです。

これさえわかれば、

尿はどっち?シリンジはどっち?書類はどっち? というのがわかりますよね。

3.尿は廃棄するもの

尿は廃棄するものです

ビリビリにして、ぽーいができませんからね!

 

シリンジも廃棄するもの

そのまま、ぽーいでしょ?

 

書類は破棄するものでもあるし、廃棄するものでもある

ビリビリにしてぽーいでも、そのままぽーいもできますからね!

 

4.ぽーい

ぽーいのイメージが湧かないという方へ、

小栗旬さんから分かりやすい説明がありますのでご覧ください。

 

 ユウのホンネ

破棄と廃棄って、全然意味が違いますよ。職場でも「それって、破棄じゃなくて廃棄でしょ?」と指摘すると、「も~ぅ、細かい」なんて言わることもあります。正しい日本語を使うことって悪いことかなぁ、と落ち込むこともありますが、私は悪くないはず。強く生きろ、私。




今回の記事が良かったと思われたら、
↓土下座画像をクリックしてブログランキングへの協力をお願いします!
poti3  
↓いいね!やツイッターでのシェアもよろしくね!。+.。ヽ(*>∀<*)ノ。.+。↓

コメントを残す