酸素は身体になぜ必要なの?



 エネルギーが必要だから

生きていくためにはエネルギーが必要です。

食物の持っている化学エネルギーを

生命に必要なエネルギーに変換するときに酸素が必要となります。

また、酸素の供給能力は体力(生命力)を決定するので、

酸素を効率よく使用しエネルギーを生産して細胞が生きられるようにする必要があります。

 もっとくわしく!

人間が食事をしたり、運動をしたり、あらゆる生命活動を行うとき

そのエネルギーの元は、ATP(アデノシン三リン酸)という物質です。

ATPは食物に直接含まれているものではなく

食物を摂取してATPを直接得ることができません。

そのため、食物の持っている化学エネルギーを

ADP(アデノシン二リン酸)からATPに変換しエネルギーを作ります。

このときに、酸素が必要となります。

 

食物のうちで、エネルギーのもとになるのは

主として、糖分(炭水化物)です。ごはんやパスタが代表例です。

これを酸素を使わずに分解して、ピルビン酸や乳酸を作ると、

ATPが2単位できます。しかし、酸素を使いピルビン酸や乳酸を

炭酸ガスと水に分解するとき、ATPは36単位できます。
カラー囲みテキスト

 

酸素はいろいろな物質と化学反応して

別の物質を作り、性質を変えています。

例えば、肝臓の細胞にあるマイクロソームは

酸素と使って解毒をしています。

つまり、人間が生きていくためには酸素と栄養は不可欠なわけです。

 

看護の視点

  • 気道を確保し、必要な酸素が吸入できるようにする必要があります。
  • 酸素の供給が不十分な場合にはエネルギーの消耗(酸素の消費)を防ぐために安静にします。
  • エネルギーによる酸素消費を防ぐために保温をします。

当たり前のようにある酸素ですが、

なぜ必要なのか、根拠をしっかり押さえておきましょうね!!

 

今回の記事が良かったと思われたら、

↓土下座画像をクリックしてブログランキングに清き1票をお願いします!

poti3

 




今回の記事が良かったと思われたら、
↓土下座画像をクリックしてブログランキングへの協力をお願いします!
poti3  
↓いいね!やツイッターでのシェアもよろしくね!。+.。ヽ(*>∀<*)ノ。.+。↓

コメントを残す